マニー・パッキャオ 伝説の拳が今ここに。
パッキャオ本人の協力により、オール金属の重厚感のある手型が完成。
シリアルナンバー・証明書付、888個完全限定で販売!

Manny Pacquiao(マニー・パッキャオ)

Secret Sale
「MY POWER」パッキャオは自らの左手の拳をそう呼ぶ。

数々の歴史が詰まったパッキャオの左手の拳を
「MADE IN JAPAN」の技術で
血管・手のシワ・毛穴までも完全に再現した歴史的な一品。
世界最高峰の現役ボクサーの拳はここでしか手にできない。

商品詳細

通常モデル

試合会場限定モデル

世界で888個限定販売

試合会場限定モデル
通常モデル

HISTORY

なぜボクシングをする なぜ戦う 母を助ける為にボクシングを始め 国の威信の為に戦うファイター 「MANNY PACQUIAO」

プロボクサーとしての戦績

685938KO72

【獲得タイトル】

  • WBC世界フライ級タイトル
  • IBF世界スーパーバンタム級タイトル
  • WBC世界スーパーフェザー級タイトル(3階級制覇)
  • WBC世界ライト級タイトル(4階級制覇)
  • WBO世界ウェルター級タイトル(5階級制覇)
  • WBC世界スーパーウェルター級タイトル(6階級制覇)
祈った。私たちの将来はどうなるのかと。
1978年12月17日。フィリピンのミンダナオ島中部のブキドノン州キバウェで6人兄弟の4男として誕生する。 幼少期に厳しい貧困生活を過ごしたパッキャオ。屋根と壁がココナツの葉で出来た小さな小屋、それが彼の家であった。 食べることが出来ない日々が続く中、小学校を6年で中退し一家の大黒柱となり、母や兄弟のため路上販売で生計を立てた。
私がボクシングを始めたのは、母を助けるためだった。
12歳でボクシングを始め、公園での試合に勝ち、2ドル相当の賞金を手に入れた。これが彼の初めてのファイトマネーである。 「家族の為にお金を稼ぐ」 13歳のパッキャオは船に乗り、フィリピンの首都マニラへ。 ボクシングジムに住み込み、本格的にボクシングを始める。 パッキャオは16歳1か月でプロデビュー戦を果たす。体重が規定体重に届かなかった為、ポケットに鉄のオモリを忍ばせ、計量をパスした。 19歳で東洋太平洋チャンピオンとなる。強すぎて対戦相手がいなくなり新たなチャンスを求めてアメリカへ。
ファンを魅了するボクシング。
パッキャオの魅力は決して逃げないボクシングスタイル。 彼は世界王者の中でも超一流の選手を幾多の階級にわたって撃破していく。しかもその多くが圧勝であった。 体重差・体格差がありすぎる相手に、フィリピンでは反対方案が提出されたこともあるほどだ。パッキャオが殺されてしまうと。 そんな中でも彼は果敢に挑み、圧勝を繰り返していく。
そして英雄に。
階級を一つ上げるだけでも影響が出ると言われている世界で、フライ級(50.8㎏)からスーパーウェルター級(69.8㎏)まで階級を上げ、史上2人目、アジア出身ボクサー初の6階級制覇を達成。ボクシング関係者の中では二度とこんなボクサーは現れないとすら言われている。 フィリピンの英雄となり、ボクシングの本場アメリカでも絶大な人気を誇るようになる。 フィリピンではパッキャオの試合がある時は国の動きが止まる。路上から人の姿が消え、誰もが家の中でパッキャオの試合を見る。犯罪もゼロになる。反乱軍も解放軍も誰もが一時休戦となる。
世紀の一戦。
2015年に世界一と言われた47戦負けなしのフロイド・メイウェザーと試合が組まれ、世紀の一戦と称された試合で史上最高額のペイパービューとファイトマネーを獲得した。 32分間の二人のファイトマネーの合計額は4億ドル(約480億円)と言われている。 観戦チケットもプラチナペーパーと化し、転売屋の間では4,000万円の値を付けたところもあった。 「昔はとても貧しく、路上で販売をしていた。私は今回の試合、勝つだけでなく、私と同じような境遇の子供たちに勇気と希望を与えたい」パッキャオは試合前にそう語った。
私の国には貧しい人々が多い。彼らを、フィリピンを助けたい。
2010年に当選し、歴代初の下院議員ボクサーとなる。2期連続でフィリピン議会の下院議員を務め、2016年からは上院議員を務めている。次期フィリピン大統領候補と言われている。
自分が国を背負っていると思っていたけれど、実は自分が支えられていたんだ。
2012年12月に行なわれた「メキシコの英雄」ファン・マヌエル・マルケスとの対戦。この対戦はパッキャオとフィリピンの国民との関係性を示す試合となる。
パッキャオが試合の最終調整を行う為、フィリピンからラスベガスへ飛んだ直後、フィリピンのミンダナオ島を巨大な台風が襲った。540万人以上が被災し、死者・行方不明者は1500人を超えた。
試合当日、急遽被災地に特設スクリーンが用意された。彼らのためにノックアウトで勝つことしか、パッキャオの頭にはなかった。しかし、6R・2分59秒、パッキャオはリングに沈み、ノックアウト負けを喫した。
「フィリピンの人たちに合わせる顔なんてない」
失意のまま帰国し、被災地へと向かうパッキャオ。 しかし、勇敢に島民のために戦った英雄の帰還を聞きつけた大勢の住民たちが、「ありがとう!ありがとう!」と大合唱でパッキャオを出迎えたのだ。
大歓声に包まれたパッキャオはこう語った。
「自分が国を背負っていると思っていたけれど、実は自分が支えられていたんだ」 この先何があっても、どんな舞台に立っても私はファイターであり続ける。

MOVIE

Trailer

The Interview about MANNY PACQUIAO

Special Event

PRODUCT

シリアルナンバー・証明書付

マニー・パッキャオの伝説の拳が丸ごと金属となり限定発売

パッキャオ本人から型取って製作している為、手の「シワ」「血管」「毛穴」を忠実に再現している。材質はシルジン青銅で黄金色を放っている。オール金属の為、重厚感・存在感も抜群だ。

シリアルナンバー

パッキャオの公式ロゴをステンレスで金属化し(メタルインジェクション製法を採用)、シリアルナンバーをレーザーで刻んでいる。表面にはイオンプレーティングを施し、ゴールド色でプレミア感をさらに演出している。

土台

パッキャオのサイン入り。桜の木を使用し、パッキャオの母国であるフィリピン国旗の青をイメージする塗装の仕上がりとなっている。

箱には本商品が本物であることの証明書を封入。
箱に入った商品を見ると、「背景=赤、拳=黄色(金)、土台(青)、サイン(白)」とフィリピン国旗のカラーが完成する。

通常モデル

7月15日(日)の日本時間0:00より予約販売開始

販売価格30万円

購入予約

※商品の売上の一部をパッキャオが持つ慈善団体(Emmanuel & Jinkee’s Heart Foundation)に寄付いたします。

限定88個 試合会場限定モデル

7月15日(日)にクアラルンプールで行われる復帰戦の試合会場にて、試合会場限定モデルを販売。表面に特殊な処理(イオンプレーティング)を行い、通常モデルよりもより高級感のある特別な仕上がりとした。通常モデルと同価格の特別価格にて販売。現地でしか購入出来ないプレミアムな商品だ。さらに、購入者にはパッキャオのロゴを施したバッグが付属として付いてくる。

※購入には当日会場にて配布する認証パスワードが必要になります。

販売価格30万円

購入

※商品の売上の一部をパッキャオが持つ慈善団体(Emmanuel & Jinkee’s Heart Foundation)に寄付いたします。

限定7個 パッキャオモデル

8月8日(水)の日本時間0:00より予約販売開始

パッキャオの名前は「Emmanuel Dapidran Pacquiao」。8文字が3回続く名前となっている。 つまり、888はパッキャオ本人を意味し、パッキャオ自身も8という数字に大変こだわりを持っている。 なんと!シリアルナンバー「888」はマニー・パッキャオ本人が持っている! この「888」モデルは24金箔を表面に施し、最高レベルの輝きを実現させたものだ。 土台は日本の伝統工芸である輪島塗りを採用。 このパッキャオ本人が持っているモデルのレプリカモデル(24金メッキモデル)が登場。 3ケタのゾロ目のシリアルナンバー品、限定7名しか手にすることのできない、超プレミアムな商品だ。

販売価格100万円

購入

※商品の売上の一部をパッキャオが持つ慈善団体(Emmanuel & Jinkee’s Heart Foundation)に寄付いたします。

ページのトップへ戻る